結婚式BGMの参考に!英ロイヤルウェディングの素敵な音楽

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
シェク・カネー メイソンのロイヤルウェディングでの演奏

 

昨日のロイヤルウェディング、素敵でしたね!

私はテレビでBS1、スマホでBBCのサイトのライブ中継、とダブルで視聴しておりました♪

 

会場のお花、ブーケ、ドレスなど様々書きたいことありますが、予想外に印象に残ったのが音楽。

讃美歌やスタンドバイミーも素敵でしたが、特に印象に残ったシーンが2つあります。

 

 

19歳のチェリスト

シェク・カネー=メイソン

Sheku Kanneh-Mason

ウェディングの終盤

新郎新婦が結婚証明書にサインする為

別室に移動されている時に演奏されました。

 

 

 

 

絵画のような光景ですよね。

演奏した曲は、

「パラディス:シチリアーノ」「フォーレ:夢のあとに」「シューベルト:アヴェ・マリア」

 

今回のロイヤル・ウェディング出演決定のニュースを受けて、

デビュー・アルバム「インスピレーション」のCDを

6/6に緊急発売することが決定したのだそうです。

日本にコンサートで来日することもあるかもしれませんね。

 

 

 

 

 

ソプラノ歌手のエリン・マナハン・トーマス

Elin Manahan Thomas

マークルさんが、バージンロードを歩くときに

歌った方です。

you tubeで出てくると思うので

ご興味ある方聴いてみてくださいね。

マークルさんがバージンロードを歩く姿と美しい歌声がマッチして

とっても素敵です♡

 

自然と涙がでてきます。ウェディングの会場装花の仕事をしているときは

担当ウェディングでよく泣きましたが、結婚式って本当に

ロマンティックで感動的です。

花嫁が父親とバージンロードを歩く姿は、結婚式の感動シーンの

ひとつですよね。

 

 

シェク・カネー=メイソンの演奏も

BS1の放送では、解説の声がメインになっているので

きれいなチェロの音がバックミュージックのようになっていますが

メインは、チェロ演奏!

ぜひ、こちらもyou tubeで聴いてみてくださいね。

 

 

 

 

 

写真は、ボケボケですが・・・

ハープ越しに見える白グリーンのお花も素敵。

ロイヤルウェディングのフローリストについてはこちら

→★フィリッパ クラドック

 

 

 

 

クラシカルなお花や建築

ゲストのカラフルな帽子やドレスも印象的でした。

以前、主人との共通の趣味が、ロックのライブに行くこと、

と書いたことありますが、私オンリーでは、クラシックやオペラも好きで

観に行ったり家で聴いたりします。

 

昨日のロイヤルウェディングは、

「結婚式」として観ても感動しますが、

リアルなオペラやクラシックコンサートを観ているようでもありました。

音楽

美術

建築

ファッション

文化

これだけ一流のものが集まることってあまりありませんよね。

これから結婚式を挙げる花嫁様は、

インスパイアされることいっぱいだと思うので

見逃した方は、ぜひyou tubeなどで観てみてくださいね♪

 

 

CDも販売されてます↓

ロイヤルウェディング公式アルバム 2018

シェク カネー メイソン CD 「インスピレーション」

EKIN MANAHAN THOMAS

 

     
     
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*