ドライフラワーになっても色が変わらない花ランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
色が変わらないドライフラワーランキング

再ブームのドライフラワー。グリシーヌでは商品としては扱ってないのですが、花嫁DIYや日常でもラッピングに添えたり、常備していると重宝します。私自身、ドライフラワー作りがマイブームなのですが、生花からの色変わりの様子は花材によって様々。今日は、ドライフラワーになっても色が変わらない花をランキングでご紹介します。

 

ドライフラワーに適している花

先日ご紹介したように、きれいなドライフラワーを作りやすい花は、水分の少ない花。今回ご紹介する花も全て水分の少ない花です。生花でもお花を触るとカサカサして水分が少ないことがわかります。

初心者でも簡単!おしゃれできれいなドライフラワーの作り方

 

 

スターチス

ドライフラワー スターチス

before afterでご紹介しょうと思いましたが、スターチスは、beforeをご紹介するまでもなく、生花の色のままドライフラワーになります。このパープルのスターチスも生花の色は、写真のドライフラワーの色と全く同じ色でした!

 

 

クラスペディア

鮮やかな真ん丸がかわいいクラスペディアも、生花と全く同じ鮮やかな黄色のままドライフラワーになりました。

 

 

エリンジウム

ドライフラワー エリンジウム

エリンジウムも、生花と全く同じ色のままです。

葉は少しクシュっと縮んだ様子。

 

 

 

エリカ

ドライフラワー エリカ

エリカも、生花と同じ色のまま。かわいいピンクが残ります。

 

 

千日紅

千日紅

こちらは生花ですが、ドライでは、この色よりほんの少しだけ淡くなり、かわいらしいピンクになりました。

 

 

まとめ

くすんだ色もドライフラワーらしくて素敵ですが、生花の色とほとんど変わらない今回ご紹介した鮮やかな色の花も、かわいらしいですよ。

おうちカフェやお料理、お気に入りの物を撮るときなどにも、こんな鮮やかなドライフラワーを写真に添えると、写真が生き生きするのでオススメです!

 

 

     
     
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*